Web小説感想ブログ「閑人書房」さまで感想を書いていただきました

Web小説感想ブログ「閑人書房」さまで拙作「月下世界紀行」に感想記事をいただいていました。

特にお知らせをいただく仕組みではないので、気づけてよかったです。

短編集である「月下世界紀行」には現在5作品が収録してありまして、それぞれの短編について個別に感想を書いていただきました。

「早暁に発つ」へのご感想

「木樵の王」へのご感想

「河を渡る」へのご感想

「世界の果て」へのご感想

「蝶の世界」へのご感想

感想をたくさん書いていただいたので、作者まとめページも作っていただいていました。

椎堂かおるの作者まとめページ

まとめページで「カルテット」と「三都幻妖夜話」もご紹介いただいており、嬉しいです。ありがとうございます。

続きを読む Web小説感想ブログ「閑人書房」さまで感想を書いていただきました

「三都幻妖夜話インターミッション」をエブリスタに公開しました

 このところ推敲ばかりで何も書いていないので、小説の書き方を忘れないようにと思って、創作脳のアイドリング状態を保つ目的の小説っぽいものを書くことにしました。

 題材は、三都幻妖夜話の幕間のお話です。スマホで書いています。

 まず4000字ほど書けましたので、エブリスタさんで公開させてもらいました。

三都幻妖夜話インターミッション

 ①京都編、②大阪編、③神戸編、までを読了されている読者様向けを想定して書いているものです。(④白川編は未読でも大丈夫です)

続きを読む 「三都幻妖夜話インターミッション」をエブリスタに公開しました

ファンクラブ機能サイト「ファンティア」に乙女堂を作りました

 個人サイト華やかなりし時代に当サイトで運営しておりました「乙女堂」という会員制のエリアに、今も置きっ放しの作品が何作があります。

 置いておくと時々、当時のメンバー様が読みに訪れてくださったりがあるようなので、消さずにとってあるのです。

 パスワードは自動返信でお送りしますので、今も参加フォームから申し込みしていただくと、新たに閲覧メンバーになることはできます。

 今も年間、何人かの新規お申し込みが今もあります。旧メンバー様の再申請かと思いますが。こんなのあったなーと懐かしく見ていただくと嬉しいです。リンク切れも多くて恐縮ですが……。

 近年、自分の原稿の置き場所を個人サイトから小説系の投稿サイトに移していっているので、乙女堂の原稿もどこかへ引っ越しさせたいのです。

続きを読む ファンクラブ機能サイト「ファンティア」に乙女堂を作りました

セルバンテス様のサービス終了にともない

 いくつか作品を置かせてもらっている小説投稿サービス「セルバンテス」様で、2020年5月末をもってサービスを終了するとのお知らせがありました。6月以降はサイトにアクセスができなくなるようです。

 投稿者としては使いやすい機能の投稿サイト様でしたので、気軽に書けて、お陰様で執筆する機会が持てた原稿も何本かありました。閉鎖は残念です。今まで、ありがとうございました。

 6月以降の閲覧ができなくなる自作を、よそへ転載する作業を進めています。行き先は、最近、登録しました新サービス「ステキブンゲイ」様にしようと思います。

 私のマイページです。→ シドウカオルのマイページ

続きを読む セルバンテス様のサービス終了にともない

pixiv小説に「三都幻妖夜話(1)京都編」をUPしました

「新星の武器庫」の原稿をサルベージしたいと思い、pixiv小説さんにUPさせてもらいました。

「新星の武器庫」(1)
「新星の武器庫」(2)

全24万字程度の長さでしたので、12万字ずつに分冊しました。

pixiv小説さんが他の小説投稿サイトとちょっと傾向が違うのもあって、使い勝手に戸惑ったんですが、投稿作業がらくなので、気軽に利用させてもらえてありがたい感じです。

「三都幻妖夜話」も置かせてもらおうと思い、とりあえず(1)京都編をUPする作業に着手しました。

「三都幻妖夜話(1)京都編」

ゾーニングの分類が「全年齢」か「R18」かしかないので、R18に設定しています。お子さん向けではない内容なので。pixiv投稿にあたり、特に内容を要制限なぐらいに強化したとかではありません。すみません。(なんとなく)

他の原稿もじょじょに追加していこうと思います。乙女堂にしかない原稿もあって、いつ失くすとも知れないので(^_^;) どこかにUPしておけば原稿を失くさないと思います。

pixivさんに慣れてなくて、何をどうしたらいいんだ? という右も左もわからない感じでフラフラさまよっています。pixivユーザーの方はあちらでも宜しくお願いします。よかったらいつでもお声がけくださいね。