zero-zero について

1998年からオンノベ書いてる古代人。 京都在住の二児の母です。 生まれつきの一次創作オタクでした。 執筆ジャンルはSFファンタジーです。 趣味は万年筆と着物とゲームと映画。

fujossy版「三都幻妖夜話 京都編」に仮表紙がつきました

お友達のしまもさんが、fujossyで連載中の「三都幻妖夜話 京都編」の表紙画像を作ってくれました。ありがとうございます!! さっそく使わせていただきました。

fujossyさんで登録作品一覧に載る時に、クリックしてもらいやすいように、イラスト発注して表紙つけたいなあー……ってTwitterで言うてから、明らかに一歩も進んでない私に「おっそ!!」って思われたんでしょうけど。しまもさん方向から、「はよしいや」という電波が伝わってくるねんけど……。いやいや、更新データにルビ打ち直すので割と作業フェーズが終了してるんですよ。

そうこうしてるうちに、fujossyさんで京都編が完結してしまいそうです。

10月24日(水)の更新分を最後に完結です。あと二週間しかないので、時間的にまず100%無理ですね(汗)

しまもさんが、発注した表紙が入るまで、これを使い給えといって気前よく送ってくださいましたが、たぶんこのまま完結します。 続きを読む fujossy版「三都幻妖夜話 京都編」に仮表紙がつきました

「月下世界紀行」に新作、第五作「世界の果て」を追加しました

カクヨムに投稿しております拙作「月下世界紀行」に、新作を書きました。
第五作にあたる一話完結掌編で「世界の果て」と題しました。

この世が終わると聞いて、世界の壊れるところを見に行ってみた。

という書き出しで始まる、1400字しかない、長編体質の私にしては驚異的に短い作品です。

「月下世界紀行」は、私の作風が詰まっていて、ぱっと手にとって読んでもらいやすい、どの章からでも読めるファンタジー詰め合わせセットのような作品集です。「世界の果て」や終末というモチーフも、私には重要なテーマみたいで、「カルテット」にも「三都幻妖夜話」にも出てきますので、作風を代表するモチーフとして、書いておきたいなということで。

でも、「月下世界紀行」に出てくる終末も世界の果ても、あまりセンセーショナルじゃなくて、そこらへんの観光地みたいで、月下世界紀行らしい独特のノンビリさが出せてよかったです。

まあ、よく考えると、ファンタジーの異世界にとっては、世界が終わったり、マップに果てがあったりするのって、めっちゃフツーですね。よくあるよくある。手垢のついた話。そういう事かもしれません。ちょっとシニカルなんです、「月下世界紀行」
続きを読む 「月下世界紀行」に新作、第五作「世界の果て」を追加しました

しまもさんがスィグルの顔アイコンを描いてくれました

お友達のしまもさんが「カルテット」のスィグル・レイラスの顔アイコンを描いてくださいました。ありがとうございます!

可愛いですね!

さっそくノベルデイズ付属のキャラチャットブログ掲示板(としか言いようのないもの)「しゃべログ」にアップロードして喋らせてみました。いい感じです。

続きを読む しまもさんがスィグルの顔アイコンを描いてくれました

BL専門の小説投稿サイトfujossyに「三都幻妖夜話 京都編」を投稿しました

ボーイズラブ作品専門の小説・漫画・イラストの投稿サイト「fujossy」(※R18です)に参加して、「三都幻妖夜話 京都編」を公開することにしました。

「三都幻妖夜話」は現在、カクヨムさんに置かせてもらっているのですが、大手の投稿サイトさんとはいえ外部サービスですので、そこで公開できなくなった場合の保険として、もう一箇所どこかに置かせてもらいたいなと思い、二箇所目を探していました。

「三都幻妖夜話」はBL作品なので、それ専門のところのほうが、よりニーズのある読者様との出会いがあるかと思い、二箇所目は専門系に。評価システムが面白くて、「いいね」以外にも押すだけ感想ボタンが「笑った」とか「切ない」とか種類があります。どう良かったのかが簡単に記録できるというのが、とてもいいなと思いました。全ジャンル向けの投稿サイトにも同じようなものがあったらいいのにと思います。

ボーイズラブ読むよっていう方は、どんなところか行ってみてくださいね。背景色がピンク色なんですよ。絶妙に肌色なので、お好きな方だけですね。

メール送信フォームを用意しました

メール送信フォームがなかったので、新たに設置しました。

メール送信フォーム

筆名、匿名で送れます。
メールアドレスを書いていただく必要もないので、お気軽にどうぞ。

送った内容は、管理人zero-zero(椎堂かおる)にメールの形で送信されます。公開状態では言いにくい話や、作品のネタバレ感想などにもご利用ください。返信先のないメッセージについては、ブログで引用してお返事しますので、その点だけご注意ください。

サイトのメインメニューから常設リンクしてありますので、いつでもご利用ください。