「昨日を忘れ去る私と、黒いノートブックの物語」(現代ドラマ)をセルバンテスの投稿しました

小説投稿サイト「セルバンテス」さんの新規オープン記念に、一作投稿しました。

2014年にGoogle+で「手書きノート部」の活動として、ノートに手書きして公開していたショートストーリーを、テキスト入力したものです。

「昨日を忘れ去る私と、黒いノートブックの物語」

カフェでノートを開いていた男は、ふと気づいた。

自分がその一瞬より前の記憶を何も思い出せないことを。

ノートには自分の身に起きている出来事がつづられていた。

男に残された時間は、あと二十四時間。 (全7話)

手書き版はこちら

clap Youという感想ツールの新サービスが開始されたのをTwitterで知ったので、試しに利用させてもらうことにしました。

「面白かった」を好きな回数押してから、ページの下のほうにある「感想を送る」ボタンを押すと、拍手が送れます。作品ごとの拍手ページが作れるので、どの作品にいただいた感想か分かりやすいのが有り難いです。

よかったら、下のリンクから、リアクションお送りください。ログインなし&匿名です。

「昨日を忘れ去る私と、黒いノートブックの物語」の拍手ページ(clapYou)

追記:2019/02/27
当初「昨日を忘れ去る男と、黒いノートブックの物語」というタイトルでしたが、この作品の主人公が女性だと思ってたと友人が言うので、主人公が男性・女性どっちの想定でも読めるように改題しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*