zero-zero について

1998年からオンノベ書いてる古代人。 京都在住の二児の母です。 生まれつきの一次創作オタクでした。 執筆ジャンルはSFファンタジーです。 趣味は万年筆と着物とゲームと映画。

2000字以内の掌編専門サイト「Prologue」に作品を投稿しました。

5分で読める短い小説だけを集めた投稿サイト「Prologue」さんが創設されたと聞き、さっそく自作から2000字以内のものを投稿させてもらいました。

椎堂かおるのマイページ@Prologue

3作品を置いています。
Web小説作者の天国
世界の果て――月下世界紀行
狂気の缶詰

いずれも新作ではなく、他の投稿サイトさんに置いているものの再掲です。「狂気の缶詰」は2000字に収めるために少し削る推敲をしました。

続きを読む 2000字以内の掌編専門サイト「Prologue」に作品を投稿しました。

カクヨムで三都フラグメンツに「005:暁雨、米を炊く」「006:暁雨、早朝に川原を散歩する」を公開

三都幻妖夜話の小ネタ集「SantoStory:Fragments」に、新エピソードを2作追加しました。

005:暁雨、米を炊く (完結済み 8500字程)

006:暁雨、早朝に川原を散歩する (書きながら連載中。現在2万字超)

三都フラグメンツでは個々のエピソードには繋がりはないのが通常ですが、005と006はつながっていて、005がプロローグで、006はその続き、後日談のような内容になっています。005を先にお読みいただくほうが分かりやすいと思います。

005、006は④白川編の内容も踏まえていますので、そちらもある程度、読み進めてからのほうが良いかと思います。③神戸編まででも意味はわかるかもしれません。(しかしメインキャラが白川編の主人公二人なので、白川編が面白かったと感じてくださる読者様向けになってしまします)

執筆リハビリがてら気ままに書いております。

よかったら読んでやってください。

Web小説感想ブログ「閑人書房」さまで感想を書いていただきました

Web小説感想ブログ「閑人書房」さまで拙作「月下世界紀行」に感想記事をいただいていました。

特にお知らせをいただく仕組みではないので、気づけてよかったです。

短編集である「月下世界紀行」には現在5作品が収録してありまして、それぞれの短編について個別に感想を書いていただきました。

「早暁に発つ」へのご感想

「木樵の王」へのご感想

「河を渡る」へのご感想

「世界の果て」へのご感想

「蝶の世界」へのご感想

感想をたくさん書いていただいたので、作者まとめページも作っていただいていました。

椎堂かおるの作者まとめページ

まとめページで「カルテット」と「三都幻妖夜話」もご紹介いただいており、嬉しいです。ありがとうございます。

続きを読む Web小説感想ブログ「閑人書房」さまで感想を書いていただきました

writoneで「カレーライス」後編を朗読していただきました

声サイトwritone(ライトーン)で、拙作「カレーライス」後編を改さんが朗読してくださいました。

前編につづき、後編も読んでいただけたので、これで「カレーライス」全文を改さんの雰囲気たっぷりな朗読で聴くことができます。

ある殺人事件の捜査をしているベテランの刑事さんのお話です。刑事物や推理物というよりはヒューマンドラマ系の作品です。一部に暴力表現があります。

「カレーライス」前編

「カレーライス」後編

改さんのプロフィール

小説版「カレーライス」の原稿はwritoneでも公開していますが、カクヨムにも置いてあります。

カクヨム版「カレーライス」前後編

「三都幻妖夜話インターミッション」をエブリスタに公開しました

 このところ推敲ばかりで何も書いていないので、小説の書き方を忘れないようにと思って、創作脳のアイドリング状態を保つ目的の小説っぽいものを書くことにしました。

 題材は、三都幻妖夜話の幕間のお話です。スマホで書いています。

 まず4000字ほど書けましたので、エブリスタさんで公開させてもらいました。

三都幻妖夜話インターミッション

 ①京都編、②大阪編、③神戸編、までを読了されている読者様向けを想定して書いているものです。(④白川編は未読でも大丈夫です)

続きを読む 「三都幻妖夜話インターミッション」をエブリスタに公開しました